Trip.comグループは、アコーおよびマッキンゼーと共同で、中国における持続可能な旅行に関するホワイトペーパーを発表し、業界および消費者への一連の提言を打ち出しました。

世界有数の旅行サービスプロバイダーであるトリップドットコムグループは、世界有数のホスピタリティグループであるアコーおよびグローバル経営コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーと共同で、中国の観光セクターが環境に与える影響を調査し、中国の旅行者の持続可能性に対する感情を分析、最終的に中国の観光セクターの主要関係者が取るべき行動を提示した新しい教育用ホワイトペーパーを発表しました。この先駆的な調査により、日常的なものからシステム的なものまで、将来の旅行とホスピタリティをサポートするために行うべき一連の持続可能な変化が明らかにされ、変化のための有益な業界参考ツールとなることが期待されています。中国におけるエコフレンドリーな旅行への道」と題されたこの報告書は、宿泊客から世界の主要な旅行会社に至るまで、業界のバリューチェーン全体で一連の協力的な対策を採用することにより、中国の観光セクターはより持続可能な未来に向かうことができると提言しています。

世界は前例のない持続可能性の課題に直面しており、中国の観光産業は、求められるホスピタリティの変革に重要な役割を担っています。World Travel and Tourism Councilによると、中国は2032年までに世界最大の観光市場になると予想されており、パンデミック以前は、すでに世界最大の市場の一つでした。ホワイトペーパーの分析によると、中国の旅行業界が環境に与える影響は相当なもので、2019年の中国の総炭素排出量のうち、観光業は約6~8%を占めています。

マッキンゼーのデータによると、中国の旅行者は環境への影響に関心を持ち、持続可能な代替手段を探し始めているが、どこに目を向ければよいかを理解するために、より多くの支援が必要であると報告されている。Trip.comグループの調査によると、中国人旅行者の85%が旅行の持続可能性を重要または非常に重要だと評価し、60%が気候変動に懸念を抱いていることがわかりました。しかし、この論文は同時に、中国の消費者は持続可能な旅行のために追加料金を支払うという考え方にまだ慣れていないことを発見しました。そのため、旅行者に持続可能なコストに関するガイダンスを提供し、持続可能な商品の提供を改善する業界の努力を強調することが重要である。これは、負担を共有し、価格上昇が短期的なものであることを示すことで、支払い意欲を向上させるものです。

これに対し、本報告書では、持続可能な旅行をするために旅行者が取るべき行動や、消費者自身の意思決定を強化するためのガイダンスを提供しています。例えば、認定サービスプロバイダーによる持続可能な旅行の予約、一つの目的地での滞在時間の延長、タオルやシーツの交換頻度を減らす、ゲスト体験での使い捨てプラスチック使用の拒否といった持続可能な習慣を身に付けることが挙げられます。旅行者の行動は、報告書が強調する最初の考慮事項に過ぎません。長期的な持続可能性は、旅行者の考え方を刺激する責任を負う観光事業者の取り組みと同時に達成されるでしょう。

ホワイトペーパーでは、ホスピタリティ産業が、中国の旅行者の持続可能な旅行に対する理解を支援し、行動の変化を促し、最終的には、この産業がネットポジティブモデル(取る以上のものを与えるモデル)に向かうのを支援するための一連の提案を示しています。このような提言には、持続可能な旅行の選択肢をオンラインでより明確にするためのテクノロジープラットフォームの活用、旅行者が自分の行動が環境に与える影響について確実に知るためのラベリング、持続可能な行動を促すインセンティブの提供、持続可能な考え方を採用するための従業員のトレーニングなどが含まれます。

旅行者の意識と持続可能な選択肢を選ぶ意欲が高まり、観光事業者がより持続可能な慣行を個別に採用することで、中国の旅行セクターは持続可能な影響において「クイックウィン」を実現することができますが、持続可能な改善には業界全体の努力が必要です。本報告書は、ホスピタリティ産業が手を携えて中国の持続可能な変革を実現するための行動喚起として結ばれています。この共同プロジェクトは、この集団的な考え方の出発点となるもので、宿泊客や業界関係者が一丸となって前向きな変化を目指すために利用できるリソースとなります。

上海の象徴的なホテル、フェアモント ピースで開催された報告書の発表記者会見では、アコー、トリップドットコム グループ、マッキンゼー・アンド・カンパニーのトップが、中国における持続可能な旅行についてそれぞれの見解を述べました。

アコー会長兼CEOのSébastien Bazinは、次のように述べています。「人とサステナビリティは、私たちが行うすべての活動の中心をなすものです。サステナビリティに関しては、個人は存在せず、集合体のみです。この論文は、この業界の協力的なアプローチにとって大きな前進を意味します。インパクトのある変化は一人では起こせず、変革は共に起こるのです。アコーは、この集団の旅をリードし、地域社会を支援し、生物多様性を保護し、より持続可能な習慣を共有し、従事することを誇りに思っています。サステナビリティは極めて重要であり、戦略的パートナーであるTrip.com Groupおよび信頼できるアドバイザーでありカウンセラーであるマッキンゼーと共に、サステナビリティに焦点を当てたこの意義深い白書で協力できたことを大変嬉しく思っています。” ゲスト、人材、パートナーにとってポジティブな変化を引き続き促進するために、私たちはこの白書を作成しました。

Trip.comグループのCEOであるジェーン・サンは、次のように述べています。”私たちは、持続可能な旅行を先導し、業界における責任ある観光の実践を促進することに感激しています。人と自然の調和ある共存を目指す私たちは、『グリーン・ツーリズム・ゴール』など、環境に配慮した取り組みを実施し、すでに何百万人もの世界中の観光客に受け入れられています。アコーやマッキンゼー・アンド・カンパニーなどの戦略的パートナーと協力することで、グリーン・環境保護の社会的価値と商業的価値を統合し、パートナーに新しいビジネスの成長機会を創出することを目指しています。私たちの目標は、より持続可能で責任ある旅行業界への道を切り開くことです。”

マッキンゼー・アンド・カンパニーのシニアパートナーであり、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートのディレクターであるジョナサン・ウーツェルは、次のように述べています。”中国の観光産業は、持続可能なアジェンダの推進を主導するのに十分な規模を有しています。旅行者が冒険を再開する際、旅の各ステップでは、環境フットプリントを直ちに削減できるような選択と具体的な行動をとる機会があります。しかし、その負担は旅行者だけにあるわけではありません。長期的な変化には、ホテルや旅行会社からグリーン投資家や技術サプライヤーに至るまで、旅行業界全体のアクターが協力する必要があります。”

 

Similar Posts