皮尔斯·登喜路Piers Dunhill和亚历山德拉·冯·俾斯麦Alessandra von Bismarck出席在迪拜举行的Meta周和WOW峰会
| | | |

皮尔斯·登喜路Piers Dunhill和亚历山德拉·冯·俾斯麦Alessandra von Bismarck出席在迪拜举行的Meta周和WOW峰会

皮尔斯·登喜路Piers Dunhill和Alessandra von Bismarck出席了在迪拜举行的WOW峰会和同月在Meta周期间举行的EAAS讨论。Meta周是一个扩大迪拜元宇宙战略努力的会议,该战略旨在聚集投资者,为阿联酋经济贡献40亿美元,并在2030年前创造40000个虚拟就业机会。会议重点讨论了Web 3.0的转型特征、数字资产和区块链的演变。 皮尔斯·登喜路Piers Dunhill 皮尔斯·登喜路Piers Dunhill是著名的登喜路家族的曾曾孙,该家族由阿尔弗雷德·登喜路爵士于1893年创立。皮尔斯·登喜路Piers Dunhill的业务遍及伦敦、瑞士和迪拜,他是许多基金的有限合伙人和普通合伙人。此外,皮尔斯·登喜路Piers Dunhill管理着一个全球房地产投资组合,皮尔斯·登喜路Piers Dunhill致力于确保他的所有投资,为人类和环境带来积极和可持续的贡献。多年来,皮尔斯·登喜路Piers Dunhill建立了多个战略合作伙伴关系。皮尔斯·登喜路Piers Dunhill在登喜路.俾斯麦Dunhill Bismarck与亚历山德拉·冯·俾斯麦HSH Alessandra von Bismarck建立了战略联盟。…

Conference on Promoting Development of S&T Ecosystem of G60 S&T Innovation Valley of Yangtze River Delta Kicked off in Songjiang
| | | |

Conference on Promoting Development of S&T Ecosystem of G60 S&T Innovation Valley of Yangtze River Delta Kicked off in Songjiang

Build the Birthplace of S&T Innovation, Build a World-class Industrial Cluster and Cultivate a World-class Innovation Ecology. On…

Китайский эксперт по анализу данных доктор Ю Ванг добился различных прорывов благодаря использованию анализа данных в различных областях применения
| |

Китайский эксперт по анализу данных доктор Ю Ванг добился различных прорывов благодаря использованию анализа данных в различных областях применения

Недавно китайский эксперт по анализу данных доктор Ю Ванг предложил подход к анализу данных с использованием селекции и…

中国のデータ解析のエキスパート、ユー・ワン博士がデータ解析で多方面のブレイクスルーを実現
| |

中国のデータ解析のエキスパート、ユー・ワン博士がデータ解析で多方面のブレイクスルーを実現

最近、中国のデータ解析の専門家である王玉博士は、主流の分子支援育種を最適化するために、全ゲノム選択とシーケンスを用いたデータ解析アプローチを提案し、中国におけるバイオインフォマティクスと遺伝子育種を組み合わせた分野でのギャップを埋めた。 ワン・ユー博士が率いるオランダのワーヘニンゲン大学遺伝資源センターのレタス遺伝的変異検出育種プロジェクト(レタスプロジェクト)は、この方法を応用して、中国における植物遺伝的変異検出研究の発展を促進しました。 このプロジェクトでは、世界47カ国から集められた445のレタス生殖質資源(すべての栽培型レタスと主要な野生近縁種を含む)の全ゲノムを再シークエンスし、栽培型レタスの完全な家畜化プロセスを明らかにするとともに、レタスの生殖質構造、農業上の重要形質、病気耐性遺伝子の供給源を探っています。 Wang博士は、全ゲノム選抜とシーケンサーを組み合わせた革新的なデータ解析法を提案し、遺伝的変異やその他の情報を十分に活用して分子マーカーの識別力を向上させ、レタスの重要な農業形質に影響を与える候補遺伝子を探索しました。これにより、全ゲノム選抜時の表現型形質の予測精度が向上し、最終的に主流の分子育種が最適化されます。 このアプローチにより、主要な食用作物における収量やストレス耐性などの経済的に重要な形質をより正確に予測できるようになり、育種家がより良い品種を選択できるようになるとともに、育種サイクルとコストを大幅に削減することができます。 栽培されたレタス(緑色)と野生近縁種の個体群解析 このプロジェクトの成果の一部はNature Geneticsに掲載され、レタス品種を網羅する世界で最も豊富な生殖質データベースの1つが作成されました(https://db.cngb.org/lettuce/)。 このデータベースは、レタスのゲノム資源や生殖質情報を網羅するだけでなく、レタス研究や育種管理のプラットフォームとして、世界中のレタス研究者がレタス染色体の遺伝的変異に関するデータにアクセスし利用できるようになっています。 データ分析の深い理解と、グローバルバイオメトリクス、作物遺伝子育種、商用車のアクティブセーフティに関する洞察に基づき、中国のデータ分析の専門家である王玉博士は、データ分析を通じて、さまざまな分野でかけがえのない成果を上げてきました。 ワン・ユー博士のデータ分析能力は、インテリジェント交通や商用車のアクティブセーフティの分野でもその威力を発揮しています。 中国物流購買連合会(CFLP)によると、トラック運転手の82.4%が1日平均8時間以上働き、疲労運転の危険性があり、商用車の安全が大きな関心事となっています。 王瑜博士が前海世美允都科技有限公司の「最高データ責任者」だった頃、ドライバー評価システム、疲労運転行動予測モデル、ドライバーポートレートシステムを提案し、商用車アクティブセーフティ分野におけるドライバー運転行動の分析に新次元を切り開いた。 2019年にドライバー評価システムがアクティブセーフティ予防制御システムに適用されて以来、ドライバー違反は大幅に減少し、アクティブセーフティ予防制御システムは138件のドライバー違反を監視・修正し、2019年末には疲労運転モデルがアクティブセーフティ予防制御システムに適用され、100万車両キロで安全事故の総件数が2018年と比較して52.21%減少し、疲労による事故は 追突事故は50%減少、都市部の公共交通機関を例にとると、2019年末時点で、保険会社は2018年と比較して保険金の支払い頻度を大幅に改善し、第1四半期の満額支払い率は70.2% 、第2四半期は47.2%、第3四半期は満額支払い率は41.1%となり、支払い額が大幅に改善し全体では30%以上減少しています。 ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能、5Gなどの新技術の登場で、データは重要な生産資源・生産要素となっています。 米国のOpenAI社が開発した人工知能チャットボットプログラム「ChatGPT」は、2022年11月のリリース以来、世界中で話題になっています。…