[スペイン・バルセロナ、2023年3月2日】ファーウェイは、Mobile World Congress (MWC) 2023 Barcelonaで、次世代マイクロ波MAGICSwaveを発表しました。MAGICSwaveは、世代を超えたイノベーションを活用し、総所有コスト(TCO)を最適化し、トランスポートネットワークの進化をスムーズにするため、事業者が長期的な5G進化に適した簡素化したターゲットネットワークを構築できるようにします。

MAGICSwave(マジックスウェーブ
新世代マイクロ波MAGICSwave

MAGICSwaveは、都市部の大容量伝送や郊外の超ロングリーチ伝送など、一般的なマイクロ波シナリオ向けに設計されています。オールバンドnew 2T、真の広帯域・超長距離伝送、超高度に統合されたユニファイドプラットフォームなどの先端技術の数々が盛り込まれており、事業者がコスト効率の高い5Gトランスポートネットワークを構築できるよう支援しています。

  • オールバンドnew 2Tは、全帯域をカバーする業界初の2Tソリューションです。50%から75%少ないハードウェアの導入で、超大幅な帯域をサポートします。

1, 真のワイドバンドを実現します。次世代コモンバンド2T2R 2CA(キャリアアグリゲーション)は、800MHz帯域幅をサポートします。これにより、通信事業者は、周波数帯域に応じてスケールアップしたキャリアアグリゲーション(CA)展開を容易に実現することができます。ハードウェア1台で5Gbit/sの容量をサポートし、CA使用時には4.5dBのカバーゲインを得ることができます。その結果、アンテナ設置スペースを50%削減、または伝送距離を30%増加させることができ、スムーズな容量拡張をしっかりとサポートします。

2, 超ロングリーチ伝送。次世代Eバンド2Tハードウェアモジュール1台で、業界水準より150%高い25Gbit/sの容量をサポートします。革新的なSupper MIMOを搭載し、50Gbit/sのエアインターフェース容量に対応します。また、業界唯一の商用ハイパワートランスミッターモジュールを搭載しており、26dBmの送信電力をサポートします。また、新開発の2D高利得インテリジェントビームトラッキング(IBT)アンテナを搭載することで、Eバンドの伝送距離を50%向上させ、あらゆる環境でのEバンド利用を可能にします。これにより、通信事業者はEバンドを一般的なバンドに置き換えて使用することが可能になり、アンテナの直径やスペクトルの支出を減らし、TCOを40%削減することができます。

  • 超高度なベースバンド統合により、複雑化するネットワークO&Mに対応。ファーウェイは、すべてのマイクロ波帯をサポートする次世代ベースバンドプラットフォームを提供します。これは、わずか2Uのスペースで24のRF方向を提供する25GEインドアユニットです。このレベルの2重の統合により、ベースバンドユニットのスペースを半分に削減することができます。1つのボックスですべてのマイクロ波帯のベースバンドを提供できるため、5Gへの長期的なスムーズな進化を目指す事業者にとっては、クロスバンドでの容量拡張が可能になります。

ファーウェイのマイクロ波製品ラインのプレジデントであるペリー・ヤンは、次のように説明しています。”5Gの展開が加速し続ける中、それに伴うトラフィック需要の増加により、事業者はトランスポート・ネットワークをアップグレードすることが求められています。ファーウェイのMAGICSwaveは、50Gbit/sのエアインターフェース容量と25Gbit/sのサイト間容量を提供します。真の広帯域と超長距離を可能にする先進的な技術により、MAGICSwaveは業界のイノベーションを促進し、5G開発を加速するためのより良いポジションを確立します。”

MWC Barcelona 2023は、2月27日から3月2日までスペイン・バルセロナで開催されます。ファーウェイは、フィラ・グランビア・ホール1のスタンド1H50でその製品とソリューションを展示しています。世界のオペレーター、業界の専門家、オピニオンリーダーとともに、5Gビジネスの成功、5.5Gの機会、グリーン開発、デジタル変革、そしてGUIDEビジネスの青写真を利用して5.5Gの基礎を築き、5Gの成功をさらに繁栄させるという当社のビジョンなどの話題に飛び込んでいます。詳細については、https://carrier.huawei.com/en/events/mwc2023 をご覧ください。

 

Similar Posts