[中国・深圳、2023年3月7日】女性初のユネスコ事務局長であるイリーナ・ボコバによると、テック企業は女性がICTの世界で中心的な役割を果たすよう支援する必要があるという。

テクノロジー企業は、ジェンダー平等と女性のエンパワーメントを促進する大きな責任を負っています」と、ボコバはファーウェイのソートリーダーシップ誌「Transform」のインタビューで語っています。

3月8日の国際女性デーに先立ち発行された最新号では、ノーベル賞受賞科学者エイダ・ヨナス、アイルランド元副首相メアリー・コフランをはじめ、政治、コンピュータサイエンス、芸術、医学の分野で活躍し、世界中の若い女性たちにインスピレーションを与える女性リーダーを紹介しています。

特に、情報通信技術(ICT)や伝統的に男性が支配的な分野への進出を目指す若い女性たちに、女性リーダーたちはそのページで夢を追いかけるよう勧めています。

「ファーウェイの監査役会役員であるキャサリン・チェンは、次のように語っています。「科学、数学、コーディング、あるいは技術的なテーマに興味があるのなら、それを追求してください」。チェンは記事の中で、作家で詩人のマヤ・アンジェロウの言葉を引用しています。”私は若い女の子が外に出て、世界を襟元からつかむのを見るのが大好きです “と言っています。

Transform』最新号では、若い女性に夢を追うことを奨励するだけでなく、テック企業がその夢を実現するためにどのような手助けができるかに注目しています。

ボコバは、今日のテクノロジーはユビキタスであると指摘します。「テクノロジーは、私たちの健康や教育に関わるものです。健康や教育、仕事の質、そして環境。まさにすべてに関わることなのです」。したがって、女性が技術分野で成功することは、世界経済、ひいては現代生活のほぼすべての側面を変える可能性があるのです。

このような考え方が、今年で3年目を迎えるファーウェイ独自のWomen in Techイニシアチブを支えています。Transformの編集長であるギャビン・アレンは、このイニシアチブは、あらゆる産業、特に科学技術における女性のリーダーシップとスキルを促進し、投資することを目的としていると述べています。

女性の経済的地位は着実に向上していますが、その向上はあまりにも遅すぎます。世界経済フォーラム(WEF)の予測によると、現在の変化のペースでは、女性が全体的な平等を達成するのに130年以上かかり、職場における性的平等はさらに200年かかるとされています。

ファーウェイは、女性のエンパワーメントと平等に対する意識を高めることで、このスケジュールを短縮することができると期待しています。

 

Similar Posts